スカイツリー隊のお仕事現場のご紹介を致します。

今回は8月より着任したK副隊長と入社2年目のM隊員のお二人にお話を伺ってきました。
 先ずはK副隊長からです!
『私たちスカイツリー隊は世界一の電波塔であるスカイツリーの駐車場で車両の誘導をしています。隊員は9名おりまして、平日6名、土日7名、3連休などの繁忙期は8名配置でローテーションをしています。隊の雰囲気としましてはとても活気があり強い絆で結ばれている隊だと思っています。隊員同士の大きな喧嘩もなくいつも和気あいあいと仕事をしています。スカイツリーは開業して5年が経ちました。この5年間で海外からのお客様がとても増えたように思います。英語で話しかけられることも多くなり、英語習得の必要性を強く感じるようになりました。今後は隊全体でそちらにも力をいれてい。きたいと思います。私自身、副隊長に就いたばかりで戸惑うことも多いですが、隊員を不安にさせることのないよう精進してまいります。』と力強く語って頂きました!
 次にM隊員です!
『入社から2年が経ち、入った頃より周りを見ることができるようになりました。勤務中も車両の誘導をするので自分自身の安全と対象の車が事故を起こさないように常に気を配っています。スカイツリーの駐車場には高さ制限があるので車種を覚える必要があり、入社当初は大変な思いもしましたが、今ではパワフルな隊の皆さんに支えられとても楽しく仕事をしております。これから後輩が入ってくることがあると思いますので、指導教育役がしっかり務まるよう自分自身のスキルアップを頑張ります。』と頼もしいお言葉を頂きました!
 様々な年齢の方が活躍されているスカイツリー隊、年の差を感じさせないほどの強い絆と溢れる活力をとても感じました。

東京


現場探訪突撃インタビュー

Comments are closed.