リスクマップが完成しました。

KSP スカイツリー周辺マップ制作-独自ルートで危険回避 警備員が無料配布-

KSP(東京、三角鉄男社長)の危機管理研究室とSSU(東京都墨田区内の警備業者7社で構成するグループ)が企画し、住宅地図大手のゼンリンが制作した、東京スカイツリー周辺地域のリスクマップ「安心・安全情報地図Ai-mapゼロ号」(A4カラー、2ページ三つ折り)がこのほど発行された(発行部数1万部、無料)。

この地図は、スカイツリーや近隣名所を訪れる観光客などが、安心・安全に周辺地域を往来・散策することをサポートする目的で制作されたもの。

最大の特徴は、スカイツリーや浅草寺など、近隣の名所へのアクセス方法に加えて、主要な駅へ向かう際に注意しなければならない危険な道を示し、安全な道がひと目で分かるよう、地図上に足跡印でわかりやすく表示していること。

従来の観光案内用地図は、多くの観光地で配布されているが「安心・安全」にポイントを置いた案内地図が観光地で配布されるのは初めて。さらに、地域の警備会社が自主的に制作したものということもあって、業界内外で大いに注目されることが予想される。

地図の配布は、スカイツリー周辺に配置された警備員が道を尋ねられた際に手渡すほか、近隣のホテル、商店街等に置き、観光目的の来訪者だけでなく、地域住民にも活用してもらえるようにしている。

今回、初回刷を”ゼロ号”としたのは、改良点を確かめるための試作版としての意味が込められており、企画にあたった危機管理研究室では、「スカイツリーの開業日も決まり、周辺地域の警備もカウントダウンが始まった。今後、Ai-mapが周辺地域での安心・安全に役立てるよう、利用者や地域住民などの声に耳を傾け、さらなる改良を加え、リスクマップとしてより充実したものにしていきたい」と話している。

(平成23年9月16日発行 警備保障新聞より)




お問い合わせ

KSPへの各種お問い合わせは、下記プライバシーポリシーをご覧の上、下記TEL/FAX、またはメールフォームからお願い致します。

お客様のプライバシーを守ることは株式会社KSP(以下、KSP) にとっても大変重要なことです。KSPは お客様の情報の機密性を保持致します。お客様にプライバシーに関するポリシーをご理解頂くことにより、KSPはよりよいサービスをお客様に提供できると考えています。

個人情報保護方針

本保護方針は当社が保有する個人情報を適切に管理運用するために、遵守するべき基本的事項を定めた ものです。

1.法令・規範の遵守

当社は個人情報に関する法令・規範を遵守致します。

2.適切な情報管理の徹底

当社は、個人情報の不正利用・紛失・破壊・改ざん、および漏洩に対し適切な予防ならびに是正に関する措置を 講じます。

3.収集目的と範囲

当社は個人情報をお預かりする際には、その収集目的を明らかにして、必要な範囲で収集致します。

4.収集目的範囲での利用

当社はご本人の同意を得た収集目的の範囲あるいは法令・規範に基づく要請の範囲を越えた利用、提供、預託 は行いません。

5.継続的改善

当社は個人情報を適切に管理するため、法令・規範、情報技術の変化を把握し、常に管理の仕組みを見直し、 継続的改善を進めます。

2007年12月20日
株式会社 KSP
代表取締役 三角 武一郎

本部住所 〒338-0822
埼玉県さいたま市桜区中島3-3-3
TEL 048-853-8030
FAX 048-852-8811




お名前(必須)
ふりがな(必須)
メールアドレス (必須)
確認のためにもう一度メールアドレスを入力してください。(必須)
お問合せ内容(必須)



Comments are closed.