業界最高水準の金融機関警備とは

長年培ってきたノウハウと最新のテクノロジーによる、「確実」な警備をご提供致します。

金融機関警備。それは私たちに「信用とは何か」を教えてくれるかけがえのない仕事です。私たちが守っているものは、単なる商業施設ではありません。その向こう側にある数多くの人々のかけがえのない財産を。そしてなにより「心」を警備しているのです。だから、名前も知らない道行く人々、すれ違う人々一人ひとりが、実は私たちの本当のお客様なんだと思います。私たちはいったい何を守っているのか。そんな当たり前のことを、何度も何度も自分自身に繰り返し問いかけながら、今日も信用という言葉の意味を追い続けています。

銀行を始めとする金融機関。その警備は厳重であることが要求されます。

KSPでは本店、事務センター、支店および無人店舗など、警備の目的とレベルに合わせて、入退室管理機能や監視カメラを組み合わせたセキュリティシステムを構築致します。金融機関に必要なセキュリティ機能をトータルにご提供致します。

常駐警備

今日まで培ってきたノウハウを元に、幅広い知識・技術を習得した警備員が警備を行い、事故発生を防止します。

機械警備

対象施設に発生する侵入・火災・破壊等の異常をセンサーがキャッチすると、通信回線を通じて瞬時に管制センターに届けられ、警備員の緊急出動をはじめ状況により警察署・消防署への出動も要請致します。

監視カメラシステム

金融機関の店舗や事務室内の映像をデジタルレコーダーに長期間保存します。タイマー録画や動き検知録画など設置場所にあわせ的確にセットします。また、何らかの原因でカメラの映像が途絶える障害やデジタルレコーダーの機器異常等の信号を遠隔監視し、出動対処および保守を行います。

入退室管理

大事な場所の入退室管理には、数多く存在する入退室管理システムの中から最適なものを選びぬき、ご提供致します。

お問い合わせ

KSPへの各種お問い合わせは、下記プライバシーポリシーをご覧の上、下記TEL/FAX、またはメールフォームからお願い致します。

お客様のプライバシーを守ることは株式会社KSP(以下、KSP) にとっても大変重要なことです。KSPは お客様の情報の機密性を保持致します。お客様にプライバシーに関するポリシーをご理解頂くことにより、KSPはよりよいサービスをお客様に提供できると考えています。

個人情報保護方針

本保護方針は当社が保有する個人情報を適切に管理運用するために、遵守するべき基本的事項を定めた ものです。

1.法令・規範の遵守

当社は個人情報に関する法令・規範を遵守致します。

2.適切な情報管理の徹底

当社は、個人情報の不正利用・紛失・破壊・改ざん、および漏洩に対し適切な予防ならびに是正に関する措置を 講じます。

3.収集目的と範囲

当社は個人情報をお預かりする際には、その収集目的を明らかにして、必要な範囲で収集致します。

4.収集目的範囲での利用

当社はご本人の同意を得た収集目的の範囲あるいは法令・規範に基づく要請の範囲を越えた利用、提供、預託 は行いません。

5.継続的改善

当社は個人情報を適切に管理するため、法令・規範、情報技術の変化を把握し、常に管理の仕組みを見直し、 継続的改善を進めます。

2007年12月20日
株式会社 KSP
代表取締役 三角 武一郎

本部住所 〒338-0822
埼玉県さいたま市桜区中島3-3-3
TEL 048-853-8030
FAX 048-852-8811




お名前(必須)
ふりがな(必須)
メールアドレス (必須)
確認のためにもう一度メールアドレスを入力してください。(必須)
お問合せ内容(必須)



Comments are closed.